若年層に多い陥入爪|酷い痛みや肉芽の予防法

陥入爪

郡山巻き爪矯正院 陥入爪画像

若年層や成長期のお子さんに多い陥入爪 矯正方法と根本原因の解決

郡山巻き爪矯正院では、生活環境が変わるこの時期は特に足のトラブルを抱える方が増え、年齢問わず巻き爪・陥入爪、変形爪(肥厚爪・爪甲鉤彎症爪)などの爪トラブル、タコ・ウオノメや外反母趾・偏平足などの足トラブルでお悩みの方がご相談に来られています。

その中でも特に10代の成長期の子どもに多い『陥入爪』でお悩みのお子さんを連れて相談に来られる親御さんも多くいらっしゃいます。

陥入爪とはどんな爪か?

主に足の親指の爪が湾曲して刺さりこんでいく状態のいわゆる巻き爪に対して、
陥入爪とはその呼び名の通り、爪が陥入している状態。柔らかい皮膚の部分である側爪郭に刺さり込み、痛みや場合によって炎症を起こしている状態をいいます。

陥入爪は、皮膚に傷がつきやすく、最悪の場合、化膿してしまいます。厄介なのは肉芽という顆粒状の隆起した皮膚が出血などを伴いながら腫れあがることです。

なぜ陥入爪は若年層に多いのか?

特に小さいお子さんの場合、まだ爪が成長段階でかなり薄かったり、柔らかいので欠けやすく、それが原因で陥入爪になるケース、親がフリーエッジ(爪先の白い部分)を切りすぎていることで深爪になっていること。

成長期のお子さんは自分で深爪にしていたり、剥いてしまったり噛み癖で深爪状態になっているケースが見受けられます。深爪にすることによって陥入爪になりやすくなります。

間違った爪の切り方をしている場合は、正しい爪の切り方をすることが求められます。

陥入爪の原因と対処方法・予防方法は?

陥入爪の原因はいくつかありますが、やはり多いものとして、前述したとおり、間違った爪の切り方で深爪になった状態、間違った靴の選び方や履き方によって足指に過剰な負荷がかかっていることです。

その他、生まれつき爪の形状として以上に幅広い爪で横方向に刺さっていたり、奥まで刺さりこんでいるケース、左右で爪の大きさがかなり違うことで足指にかかるバランスの崩れによって陥入爪になっているケースも見受けられます。

深爪など間違った爪の切り方をしない、正しい長さ、形を保つ


正しい爪の切り方・整え方は爪の先がほぼまっすぐで、両サイドの角に軽く丸みをつけたいわゆる「スクエア型」、もしくは指先の形に合わせた「ラウンド型」が良いでしょう。いずれも角があることで、指先に負荷がかかっても、爪が皮膚に食い込みにくくなります。長さは指先と同じぐらいが良いです。とにかく角を切り落とさないことです。

靴のサイズが合っていない、紐をゆるめて履いている


成長に追いつけずサイズの小さい靴を履いていると過度な圧迫により爪が刺さりこみやすくなります。では大きい靴や緩い靴がいいのかというとこれもいけません。靴の中で足が滑りこんだり遊んだりして指先に負担がかかります。また、紐をゆるめて簡単に脱ぎ履きしているお子さんを良く見かけますが、それも良くありません。
特に成長期のお子さんは靴のサイズがすぐに変わりますので注意が必要です。

陥入爪は早めに当院の矯正法を

お子さんの爪は炎症してもすぐ治るとお思いではないですか?
悪化してからでは改善に時間がかかることがありますので、我慢させず、放置せずに
早めの処置をおすすめします。
当院では皮膚を切ったり爪をはがしたりなどの外科的処置ではなく、当院自社開発の特殊プレートを用いての安心、安全の矯正を行っております。

施術開始から3ヶ月経過した症例画像​

郡山巻き爪矯正院 陥入爪 矯正画像

コラム作者:郡山巻き爪矯正院 郡山院 院長 田中

郡山巻き爪矯正院の店舗情報

《郡山巻き爪矯正院》

住所 福島県郡山市桑野3-19-16 ヒルズ21・桑野1F
電話番号 024-973-7099

営業時間 10:00~19:00
定休日 日・月・木・祝日

《いわき院》

出張にて月4回対応中
住所 福島県いわき市鹿島町走熊字西反町1-1 BENESUいわき鹿島店内
電話番号 024-973-7099 郡山院受付

関連記事

この記事へのコメントはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約