陥入爪とは

陥入爪はどういう爪症状かご存知ですか?

陥入爪は巻き爪の一種です。陥入という文字通り、皮膚に埋まり刺さり込んでしまう状態です。巻き爪よりも痛みが出やすいのが特徴です。皮膚の症状が悪化しやすい傾向にあり、出血や化膿といった症状を引き起こす可能性があります。酷くなると「肉芽」という皮膚の盛り上がりが出来てしまい、肉芽から爪に刺さり込む関係から皮膚症状が治りにくいものです。ですから、悪化する前に矯正することが大切です。あまりにも酷い肉芽だと病院で手術も視野に入りますから、早め早めに専門院で診てもらいましょう。

陥入爪の原因と予防方法

陥入爪の原因は深爪が主です。深爪になると、指先のお肉が爪の前方(元々爪があった場所)へ盛り上がってしまいます。盛り上がった皮膚は爪が伸びる場所を遮る壁となり、ぶつかった爪は皮膚へと刺さり込んだり、巻いていきます。痛みが出始めると、刺さった爪を切って痛みを取ろうとします。それは結局また深爪にさせてしまい、悪循環となります。矯正をして爪を外側へ出してあげる。そうして皮膚に陥入せずに伸びていくと痛みとはさよならできます。

爪の正しい長さと形状を知ることが大事ですし、なおかつ整えるためのケアの方法も身に付けなければなりません。郡山巻き爪矯正院では、陥入爪矯正だけでなく、爪の整え方を直接指導しています。

陥入爪矯正料金ページ  ネット予約ページ