巻き爪とは

巻き爪はどういう爪症状かご存知ですか?

巻き爪は爪の両端が内側に巻いた状態を指します。爪が巻いた状態だと痛みを伴うことがあります。それは爪が皮膚に食い込み、ときには出血や化膿といった症状を引き起こすからです。そのまま痛みを放置すると足元を庇って腰や膝の痛みに繋がったり、転倒の怖れがあります。放置して重症化してしまうのは他人と足の爪を見比べる機会が少なく、発見が遅れてしまうのも理由のひとつです。なによりも運動不足である現代人は指先に刺激が足りなく、そのせいで巻き爪になりやすいと考えられています。全身問題になる前に、早い段階での矯正を推奨しています。

巻き爪の原因と予防方法

巻き爪の原因は複数ありますが、主な原因は「爪切り」と「靴」です。間違った爪切り習慣の方はとても多いです。間違い=深爪で、爪の白い部分は余さず切ってしまう方は少なくありません。一度深爪にしてしまうと爪が皮膚に刺さり込みやすくなり、その刺さり込みから出る痛みを取るためにまた深爪にしてしまいます。この悪循環はより巻き爪を悪化させていきます。

また、靴も見直す必要があります。足を守るための靴ですが、そもそも靴紐がない靴や大きすぎる(or小さすぎる)靴は爪含め足全体に負荷を与えます。靴の中で足が動いてしまうと長い時間をかけて爪を圧迫して巻き爪へと変えてしまいます。爪よりも靴のほうが硬い素材ですからご想像できるかと思います。

爪切りと靴以外にも、巻き爪の原因は様々です。足の形、歩き方、歩く機会が少ないなどです。郡山巻き爪矯正院では巻き爪矯正だけでなく、再発防止のご指導もしています。

巻き爪矯正料金ページ  ネット予約ページ