タコ・ウオノメ(イボとの違い)とは

タコ・ウオノメ(イボ)はどういう症状かご存知ですか?

タコとウオノメはどちらも皮膚の角質異常です。一方でイボはウイルス性の病気です。

タコは皮膚にできた硬い角質が表面に山なりにできあがる角質異常です。硬い角質が大きく育つとゴロゴロと違和感になったり、靴による圧迫で痛みを引き起こします。

ウオノメは角質が皮膚の下へ下へと進行してできあがる角質異常です。一見タコかなと見える角質の中央に点があれば、そこはウオノメです。ウオノメは下に進行すると真皮層という神経に触れます。硬い角質の芯のような形状で常につんつんと神経に触れるので、痛みが強く出やすいです。

イボは角質異常とは違います。見た目がクレータ状で、なおかつざらざらとした触り心地です。そして、黒い点が複数現れるのも特徴です。タコやウオノメは削っても問題ないのですが、イボを削ると出血してしまいます。また、ウイルスが飛び散って周囲にイボを増殖させてしまいかねません。少しでもイボと疑えるのであれば皮膚科で診てもらいましょう。

イボ 皮膚科での治療が必要です

タコ・ウオノメの原因と予防方法

タコとウオノメの原因はほとんど同じです。まず基本の原因は靴です。足の側面に角質ができれば窮屈な靴が原因です。反対に大きい靴は足が動き回ってしまうせいで危ないので、足裏の一点で支えようと踏ん張ってしまいます。するとその点に角質が出来上がります。自然に踏ん張ってしまうようなヒールがある靴は角質ができやすいと言えます。また、長時間の立ち仕事の人も体重を常に足裏だけで支える関係で角質化しやすいです。タコとウオノメの違いはウオノメの方が一点集中して負荷を受け続けるとできるということです。

削ることで痛みは取れますが、削ってもなお再発しやすいのが特徴です。スポーツタイプのインソールを靴に入れるのが効果的です。足が動かず、体重も足裏にバランスよく分散し、局所的な負荷を減らします。インソールは普段の歩行も快適にし、疲れにくくも作用します。郡山巻き爪矯正院ではインソールの試し履きが可能で、購入時には履いている靴に合わせて適切な大きさに整えるサービスも行っています。

タコ・ウオノメ削り料金ページ  ネット予約ページ