巻き爪の治療はどこへ行くべきなのか?病院だったら何科へ?

その他お知らせ 巻き爪 陥入爪

郡山巻き爪矯正院 病院何科か

巻き爪や陥入爪など爪のトラブル|治療は病院の何科にいけばよいか

巻き爪や陥入爪で困ったとき、まずどこに行けばいいかわからないという声を良く耳にします。
特に痛みや出血が伴っている時は、まずは病院に行こうと考えますよね。
では、病院の何科を受診するべきでしょうか?
外科、皮膚科、整形外科、形成外科、、、何かを受診すればいいかわからないという方がほとんどではないでしょうか?
ネットで調べると色んな事が書いてて余計に分かりづらい・・・もうちょっと我慢しよう・・・
なんて結果になってしまいます。

科によって、病院の先生によって処置は様々

一般的に、病院では大きくわけて外科手術と薬の処方となります。
手術は色々な手法がありますが、巻いている部分を根元まで処理し爪を生えてこないようにする方法や巻いてる部分を単に切ってしまう方法など様々です。

病院に行ったが、「何もできない」と言われ断られたケース、薬を出されて「様子見てください」
で、終わりだったという話もよく聞きます。

■鬼塚法

指の付け根に麻酔注射(局部麻酔)し、皮膚にくい込んでいる爪を爪母から切除する(末節骨の骨膜まで切除する)

メスを使用しての手術のため、手術痕が残る。

●フェノール法と比べて、爪母の切除範囲を狭く限定することが出来る

●鬼塚法は術後の痛みが強い

●爪の幅が狭くなり、見た目が悪くなる→結果、力が入りづらくなる

●術後、切除部分から小爪が伸びてくることもある

フェノール法

指の付け根に麻酔注射(局部麻酔)をし、皮膚にくい込んでいる爪を爪母から切除する(末節骨の骨膜まで切除する)

その後、爪の根元(爪母)をフェノールという薬品で変性(細胞を焼く)させ、その部分の爪を生えなくする治療方法(縫合はしない)

●鬼塚法と比べ痛みは軽い

●手術により爪の幅が狭くなる

●残っている爪が日常生活などにより巻いてくることもある

手術をされた方の話ではとにかく痛かった!・・・という声がほとんどです。
特に麻酔はかなり痛いようです。

前述したとおり、手術後に生えてこないようにした爪が再度生えてきたり、爪を切るだけの方法だと逆に巻きが強くなって痛みも増したという話も中には聞きます。

病院でのメリットは保険適用で、通院回数が少なく済むことです。

当院の巻き爪矯正法の特徴

手術などのように「切る」という行為ではなく、巻き爪を「矯正」する手法になります。爪の表面に矯正プレートを貼り付けるだけですので、施術による痛みを感じにくく、負担がありません。施術後は靴を履いて普通に帰ることができますし、お風呂もOKです。目立たない、邪魔にならないので生活に支障がありません。
巻き爪専門院として爪の状態をしっかり把握しその方にあった方法で施術・アドバイスを行います。

当院は病院ではないため、”保険は適用外”ですが、基本的に1ヵ月に1度の矯正器具の交換だけで、頻繁に通院する必要もないため負担が少ないです。

巻き爪や陥入爪の処置を決して病院で受けることを否定するものではありません。

大事なのは病院での治療法と手術以外の治療法のそれぞれのメリット、デメリットなどを理解した上で、自分にあった治療法を選択することです。

郡山巻き爪矯正院では切らない!痛くない!巻き爪矯正法に自信を持って対応しております。

巻き爪、陥入爪でお悩みならぜひご相談ください。

郡山巻き爪矯正院の施術方法の詳細はこちら

コラム作成:郡山巻き爪矯正院 郡山院/いわき院 院長 田中

《郡山巻き爪矯正院》

住所 福島県郡山市桑野3-19-16 ヒルズ21・桑野1F
電話番号 024-973-7099

営業時間 10:00~19:00
定休日 日・月・木・祝日

《いわき院》

出張にて月4回対応中
住所 福島県いわき市鹿島町走熊字西反町1-1 BENESUいわき鹿島店内
電話番号 024-973-7099 郡山院受付

関連記事

この記事へのコメントはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約