巻き爪の原因の一つ【爪疾患】|爪白癬(爪水虫)

原因・予防

郡山巻き爪矯正院 爪白癬画像

巻き爪に関係がある爪白癬の症状と予防方法

爪白癬(爪水虫)とは?

巻き爪の原因は人それぞれ多種多様ですが、原因の一つである白癬菌(爪水虫)という真菌(カビの一種)による感染症も原因の一つになります。といわれています。実際に郡山巻き爪矯正院の患者様にも爪白癬と診断された方や治療中という方も多いです。

白癬菌はケラチンというタンパク質を栄養にしているので、ケラチンの多い「角質」という場所を好みます。一番症状として出やすい場所が「足」です。白癬菌は足から爪に感染しますのでそうなるといわゆる爪白癬ということになります。

足の水虫(足白癬)と爪白癬の症状は?

水虫の中で最も多いのが足の指の間に発症するタイプで、ふやけて皮がめくれてくるのが特徴です。

足の土踏まずや側面などを中心に小さな水ぶくれができることもあります。湿度の高い梅雨の時期に発症しやすいようです。

足裏やかかとなど角質増殖してザラザラとなるタイプもあります。

足白癬はかゆみを伴うのに対し、爪白癬は痛くもかゆくもないので、特に高齢者の方は気づかずに悪化Kしているケースが多いです。

足白癬や爪白癬の治療方法は?

主に内服薬と外用薬のどちらかになります。病院や医師によって、または症状などによって治療法が変わるようです。効果や改善には個人差があるようですが、いずれも継続が必要で、期間も要するため根気がいるようです。理想的には3ヵ月程度継続することです。

爪白癬の場合は爪専用の塗り薬・飲み薬があり、さらに時間がかかりるようです。足の水虫もそうですが爪白癬は更に根気が必要です。

飲み薬は内臓への負担が大きいことなどから、体調を崩される方もいるようです。

白癬菌の予防法や対処法は?

とにかく清潔に保つ

足指の形状や、生活環境、仕事やスポーツ、履いている靴など、足靴環境によって白癬菌は増殖しやすくなります。特にもともと足の指の間が狭い人は蒸れやすく足の水虫になりやすくなります。外反母趾など足の指同士がくっつきやすい方は、足の指をよく開いて丁寧に洗うようにしましょう。

銭湯やスポーツジム利用時は注意

白癬菌は、銭湯やスポーツジムなどのマットレスを経由し感染することが多くあるようです。

ですから、銭湯やスポーツジムなど公共の場を利用後は足や足指の間までしっかり洗い、水分をしっかり拭きとることで予防することができます。

爪白癬でも当院の巻き爪矯正法は可能です

爪白癬の症状や程度によりますが、特に痛みが出ている場合などは当院の巻き爪矯正法をご利用ください。当院の巻き爪矯正と爪白癬の治療を同時に行うことも可能です。

ただし、爪白癬の症状があまりにもひどい場合(ボロボロ崩れる状態、もしくは崩れて爪が脱落している状態)は、先に皮膚科受診を勧めることがあります。

いずれにしても当院へ一度お越しになりぜひご相談ください。

郡山巻き爪矯正院の巻き爪矯正法の詳細はこちらをごらんください。

コラム作者:郡山巻き爪矯正院 郡山院院長 田中

《郡山巻き爪矯正院》

住所 福島県郡山市桑野3-19-16 ヒルズ21・桑野1F
電話番号 024-973-7099

営業時間 10:00~19:00
定休日 日・月・木・祝日

《いわき院》

出張にて月4回対応中
住所 福島県いわき市鹿島町走熊字西反町1-1 BENESUいわき鹿島店内
電話番号 024-973-7099 郡山院受付

関連記事

この記事へのコメントはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約