• 小さい爪の巻き爪

    2020年4月8日

    こんにちは!!

    郡山巻き爪矯正院です。

    ここでは今まで何度も【巻き爪】になってしまう原因についてご紹介させて頂きました。



    その中で、爪が巻き込んでしまう原因の一つとして、サイズの合わない靴、ハイヒール等のつま先の部分に負荷が多

    くかかってしまう靴を繰り返し履く事で、ダメージが少しずつ蓄積された結果、巻き爪になってしまうという事

    をご紹介したと思います。

    巻き爪になってしまう原因は、後天的な物も含めても原因は様々ですが、

    今日は、拇指(親指)以外の小さい爪の巻き爪についての矯正についてお写真を載せてご紹介していきたいと思いま

    す。

     40代女性
     5年ほど前から気付き、2か月ほど前から歩いた時痛みが出て来たとの事でした。
     タコ、ハンマートゥ、浮指など見られました。

    【初検時】




    【初検直後】



    比較的硬い爪では無かったので、初検直後の施術1回でかなり改善し、痛みも無くなったと大変喜ばれてお帰り頂き

    ました。

    ご本人曰く、巻き爪を矯正したいと思い、検索してみて色々お調べになった結果、プレート矯正がご自分に一番合う

    のではないかと思いご来店下さったとのことでした。

    矯正の種類や方法は様々ありますが、ここでのプレート矯正は地爪に直接プレートを貼る事で矯正していくものにな

    りますので、その方おひとりおひとりの爪の質、硬さ柔らかさ等を考慮しながら、その方の爪に合った矯正が無理な

    く出来るのです。金属を使った物に比べると、矯正力はどうなの??と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

    全然負けていません。むしろ、歪みのない綺麗な状態で矯正していく事が可能です。

    また、このような理由から、拇指以外の小さい爪の矯正には一番向いている矯正方法かと思います。

    拇指の巻き爪もそうですが、小さい爪が巻いてきていて痛い!!と言う方は、一度相談だけでもいらっしゃってみて

    はいかがですか?

    今月の無料相談は4月18日(土)です。事前にお電話にて承りますので、お気軽にご相談ください!!