一般的な医療機関での巻き爪・陥入爪の治療方法(外科的処置内容例)~郡山巻き爪矯正院~

巻き爪の相談で多いのは

「巻き爪は病院にいくと何されますか?」「巻き爪の医療的治療方法は何ですか?」

一般的に知られている(また実際の当院お客様のヒアリング統計から)巻き爪の治療方法は

1・・・切られる、剥がされると言った外科的なもの

2・・・薬などによる炎症止め

の2つの処置が圧倒的に多いようです。

皮膚科さんなのか外科さんなのかやお医者さんによってもその治療方法は多種多様です。
皮膚科のお医者さんではあまり手術を勧めてはいないようで、薬によるアプローチが大半。
中重度の巻き爪になると外科的な処置をすすめる傾向があるようです。
上記の処置方法に比べると少ないですが、ワイヤーによる矯正などをおこなう病院もあるようです。

? 巻き爪や陥入爪に対する具体的な外科的処置方法は

1、化膿した部位の巻き爪や陥入爪の食い込む爪のみ切り取って、早く化膿を治す目的で行うもの。

2、巻き爪の巻いている部分や陥入爪の食い込んでいる部分の根元の爪の根っこ、つまり爪母(そうぼ)から取り去り爪が部分的に生えてこないように処理する「フェノール法」や「鬼塚法」

3、化膿したり腫れた部分(肉芽)の部分を液体窒素などで焼く処置

想像できるとおり・・・痛いですし、なにより麻酔自体がかなり痛いです。
こうした医療処置をされたお客様が爪が伸びまた再発し当院にいらっしゃることが多いのもまた事実です。

当院のように爪や皮膚を切ることのない巻き爪の矯正法もありますので、
十分調べて自分の状態に合った方法を選ぶ事が大事です。
とはいえご自身では判断しにくいものですよね。

郡山巻き爪矯正院では個別の無料相談をおこなっておりますので是非いらっしゃってください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。