深爪や切りすぎによる陥入爪!郡山巻き爪矯正院患者例

こんにちわ。郡山巻き爪矯正院です!


今日は、来院された方の巻き爪第二弾で・・・陥入爪です。
「陥入爪って何!?巻き爪とは違うの!?」
と、お思いの方も多い事でしょう。



陥入爪も巻き爪なのですが、切り分けが少し難しいです。
が、多く見られるのは爪を切り過ぎて深爪にいつもされてる方に多く見られるのが陥入爪。


特徴的なのは爪が伸びてくると刺さるような痛みが出る、出血したり化膿したり肉芽と呼ばれる腫れが出たりしやすい事です。
ですので、巻き爪よりもタチが悪い状態が陥入爪なのです。



爪のカドが出てくるまで痛くて伸ばせない方は陥入爪になっている可能性大ですよ!



実際に見てみないとどんな爪なのかイメージしづらいので・・・
今回は陥入爪の一例をご紹介致します。

まず来院された時の写真です



ちょっとピンボケしておりますのはご愛嬌で・・・

陥入爪は食い込んで爪の端の部分が見えないのです。
もう見るからに痛そうですね・・・爪をこれ以上伸ばせず激しい痛みがあるとの事で来院されました。



陥入爪って切れば楽になるんですが、切るとドンドン爪が食い込んでしまい、やがて痛みが出るタイミングが早くなり結果的にドンドン短く切らないと痛みが治まらなくなります。
根元までその位置が来たら切るとこが無くなって・・・あー、考えただけでも恐ろしいですね。



続いて、来院されて2回目の施術後の写真がこちら

なんとあんなに食い込んでいた爪がここまで伸ばせるようになりました!!
爪の端が見えてますね!

「痛みも嘘のように無くなり爪を伸ばせるようになった!」と、大変喜んでおりました。



陥入爪でも、郡山巻き爪矯正院では矯正器具を付けて爪を矯正する事が可能です!

痛みが出ている方、自分もこんな爪だった!なんて方。まずは切らず諦めずに是非ご相談ください!